反り腰改善の兆候

20200621 001.jpg

坐骨神経痛が原因と思われる臀部痛のため、18日と19日を休ランとしました。
ここのところ地道に走っていて、二日続けての休ランは3月30・31日まで遡ります。

臀部痛はまだ治まっていなかったのですが、昨日は様子見ランとしました。
外に出たら風が冷たくて一度家に戻り長袖に着替えてのランでした。
時間が経つに連れて臀部の痛み・違和感は小さくなり、終盤の3kmはK6を切るぐらいまでペースが上がっていた。

18km、1:57:04、06:30、84cm、179spm、RPE:11、心拍数:104

ラン後、臀部痛はあるものの走る前と比べたら軽減されているようだ。

今朝は、臀部痛は小さくなっているのに気を良くして野幌森林公園に向かった。
いつもは百年記念塔をぐるりと一周して引き返すが、今朝は
百年記念塔からはふれあい交流館への分岐(記念塔連絡線)に行ってみた。

20200621 002.jpg

記念塔連絡線は初めて走るコースだが、平たんできれいに整備されていて走りやすい。
難点は道幅が狭く、すれ違う時はどちらかが端に寄らないといけないことか。
バードウォッチヤーとすれ違いましたが、相手方が端に寄ってくれました。
走るとしたら早朝ですかね。

ふれあい交流館からは馴染みのある大沢口から野幌森林公園を徘徊してきた・・・

20200621 003.jpg

ふれあい交流館~大沢口~桂コース~四季美コース~志分別線~基線~中央線~瑞穂連絡船~百年記念塔

桂コース~四季美コースはアップダウンが多く走り甲斐があります。
脚にも優しいし。

二度目の百年記念塔からは、いつものコース後半戦です。

野幌森林公園内の遊歩道マップはこちらを参照。

20200621 004.png

25km、2:43:06、06:31/km、83cm、179spm、RPE:11、心拍:104

心拍はラン直後に自己計測、15秒間で26回でした。

ラン後、臀部痛は消えています。
これはこれまでもよくあるパターン、何故かは分からず。


先日紹介した、有吉 与志恵「ランナーのためのコンディショニング」に書かれている、

20200616 002.JPG

・リセットコンディショニング(骨格と筋肉を理想の状態に戻す)
・アクティブコンディショニング(筋肉と骨格に正しい動きを取り戻す)

を背骨に関して時間を見つけては実践している。
全然、負荷がかからないエクササイズなので正直なところあまり期待していなかった。

でも、効果あるかも・・・・

と言うのも、昨日と今日のランで、反り腰が改善されているように思う。
具体的には意識しなくとも前傾気味になっていることとラン後の背中に張りがないのを感じる。

楽で時間がかからないのがいい、しばらく続けてみよう。


今週は、
15日(月):休ラン
16日(火):13km、1:26:06、06:37/km、84cm、177spm、RPE:9
17日(水):12km、1:36:48、08:04/km、73cm、170spm、RPE:7
18日(木):休ラン(臀部痛)
19日(金):休ラン(臀部痛)
20日(土):18km、1:57:04、06:30/km、84cm、179spm、RPE:11
21日(日):25km、2:43:06、06:31/km、83cm、179spm、RPE:11

RPE(rate ofperceived exertion):自覚的運動強度

計:68km

臀部痛もあり休ランが三日、それでも臀部痛は消えつつあるし、何より反り腰改善の兆候が見えてきたのが嬉しい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント