天気が不安定で・・・

20191214 001.jpg

9日は誕生日でした。
奥さんからはカメラを頂きました。私にはオーバスペックなカメラです。
奥さんからは「誕生日、クリスマス、父の日、その他ひっくるめて5年分ね」と言われております。

12月は寒暖の差が大きくて積もった雪が日中融けるけど、消え切らず夜に凍るの繰り返し。
朝はアイスバーン状態で、走るにはつらい状況が続いています。
体調が不安なこともあり、平日は走らず(走れず)、週末も天気が不安定で走りになりません。

 7日:10km、1:03:36、06:22/km、85cm、183spm
 8日:17km、1:59:26、07:02/km、79cm、179spm

そして今日は小雨・霙(みぞれ)の下でのランでした。
設定は120~150分ジョグでしたが、
21km、2:09:46、06:11/km、90cm、178spm

走り始めは脚が重だるくて、空も愚図っていたので早々に止めようかと思いましたが、何とか120分超のジョグとなりました。
おそらく今日のペースが走込み期のロング走のスタートペースになるかと思います。

20191214 003.JPG
最近読んだランニング本、広山 勉「最高の走り方」。
著者は、正月の箱根駅伝の出場権を予選会でゲットした筑波大学の陸上競技部監督です。
走り方に特化した本ですが、理論的でよくまとまっていると思う。


最後の英語やり直し、今年18~20冊目の多読。
最近は、過去に邦訳で読んだ、文庫本で300ページぐらいの作品を原書で読んでいる。

20191214 002.JPG

・Dead Cert 91,000語、累計:5,489,808語、<Kindle>
Dick Francis の競馬シリーズの1作目、邦訳タイトルは「本命」。
このシリーズにそれなりに思い入れがあるので、他の作品も読みたいところだが、Kindleでは高めなのがネックだ。

・The Hot Rock 60,000語、累計:5,549,808、<Kindle>
Donald E. Westlake の怪盗ドートマンダーシリーズの1作、邦訳タイトルは「ホット・ロック」。
この作品はロバート・レッドフォードード主演の映画を観たのが先。
クライム物だけどハッピーエンドで終わるのがいい。

・Old Bones 52,500語、累計:5,602,308語、<Kindle>
Aaron Elkins のスケルトン探偵ギデオン・オリバーシリーズの1作、邦訳タイトルは「古い骨」。
このシリーズは初期の10作ほどを読んでいるが、好きなキャラクターの一人だ。
身体のいろんな部位の骨が出てきて辞書引きながら読んだ。

Dead Cert (Francis Thriller) (English Edition)
Dead Cert (Francis Thriller) (English Edition)

The Hot Rock: A Dortmunder Novel (Book One) (The Dortmunder Novels 1) (English Edition)
The Hot Rock: A Dortmunder Novel (Book One) (The Dortmunder Novels 1) (English Edition)

Old Bones (The Gideon Oliver Mysteries Book 4) (English Edition)
Old Bones (The Gideon Oliver Mysteries Book 4) (English Edition)

体調も路面も

20191201 001.JPG

ひょっとしてもう根雪かなあ。
ここのところ頭痛・頭重感が続いている。
物事に集中できないし、夜も早めに床に入っている。
こんな状態なんで走る気にもなれず、今週は休ランに近い・・・・

昨日は、
13km、1:28:43、06:49/km、83cm、176spm

体感はキロ6分台前半でしたが、体調そのまま走りになりません。

そして今日は体調に加え、路面が悪すぎです。
この時期は一日の温度差が大きいので降った雪が日中融けて、夜の冷え込みで凍ります。
アスファルトが顔を出している部分もありますが、アイスバーンとなっているところも多い。
まだ除雪が入らないので、でこぼこ不整地状態なところも多くて下を向きながらの走りになります。

走り始めたけど、体調・路面とマイナスポイントが二つあるとダメですね。
4kmで脚・足を止めて家に戻りました。


11月総括、

・走行距離:210km
・大会参加:無し
・練習内容:走り込み準備期

10月7日から、マラソントレーニングに耐えられる脚作りのために、走り込み準備期と銘打って3つのフェーズで取り組んでいます。
11月は走り込み準備期#3が中心でした。

体調不良の週が多くて肝心の土日に走れないこともあり、距離が伸びませんでした。

走り込み準備期#3の到達目標は180分LSDですが、合わせて120~150分ロングジョグと8~10km快調走がポイント練習です。

走り込み準備期#3は3週間を想定していましたが、3周目の今週が走りにならなかったのでもう2週間伸ばします。

eA式では180分LSDを反復できるとサブ4を睨んだトレーニングを開始レベルにあると書いてあります。

今は来年5月の「洞爺湖」を復活レースと想定していて、2週程度の見直しはまだまだ余裕があります。

今は、もう故障しない、負荷をかけられる脚作りが目標です。

当初は明日から走り込み期に入る予定でしたが、準備にまだ時間をかけます。
走り込み期の開始ペースもあれこれ考えていましたが、もう少し熟慮します。

早くも100日

20191125 001.JPG

昨日で生まれて100日となりました。すくすくと育っています。

20191125 002.JPG

昨日は婿さんの実家でお食い初めでした。
本人はキョトンとしておりましたが無事終了。

婿さんの実家(西区・八軒)に向かう前に一走り。

10km、1:02:17、06:14/km、89cm、178spm

前日の180分LSDのダメージは思ったほど無く、時間があればもう少し走りたかったところです。

そして今日は休暇にしてあったのでロングジョグの予定でした。
が、天気が不安定で断続的に雪が降り、風も強い。
でも北国のランナーがこれしきの雪でどうすると重ね着して走りに出た。

時折、吹雪となる中を黙々と走りました。

20km、2:00:52、06:03/km、90cm、182spm

左アキレス腱はもう大丈夫・・・だと思う。
右足裏、今日は何ともなかったけどまだまだ不安を抱えての走りが続きますね。

さて、10月の「別海」で撃沈した後、数年苦しんだ左アキレス腱回りが劇的に超回復!
私のマラソントレーニングの原点であるeA式に立ち戻り、来年5月の「洞爺湖」をターゲットに32週での計画を立てた。

これまで冬場はジョグ中心でしたが、今回は冬道でロング走・ミドル走敢行がポイントです。
もう一つ特徴的なのは、故障上がりでもあるので走り込み準備期に十分な期間をアサインしたこと。

走り込み準備期として3つのフェーズで8週で計画した。
LSD、ロングジョグがポイント練習ですが、具体的な内容は、

・走り込み準備期#1(2週):10月7日~
 120分LSD・・・LSDに慣れる
 90分ロングジョグ
・走り込み準備期#2(3週):10月21日~
 150分LSD・・・120分以上のLSD反復
 120分ロングジョグ
・走り込み準備期#3(3週):11月11日~
 180分LSD・・・180分までLSDを伸ばす
 120~150分ロングジョグ
 8~10km快調走

ここまで、足の故障も再発せずまずまず順調に来ています。
懸念はロングジョグのペースが速めということぐらい。今はもう少し遅くてもいいのですが・・・
足の痛みから解放されつい調子に乗っている感があるので、ここは慎重にいかねばなりません。

20191125 003.JPG

私のバイブル「eA式マラソン走力UPトレーニング」には、
"180分ぐらいのLSDが平気になるとフルマラソンを4時間ぐらいで走れる準備が整っている"
とあります。

やっとトレーニングらしきことができるスタートラインに到達したというところでしょう。

12月からのロング走のペース設定はいろいろと考えなければならないことがあるのでおいおいと書いていきます。


ここ一ヵ月で読んだ小説・・・・タイトルだけ並べておきます。

20191125 004.JPG

アガサ・クリスティ「ゼロ時間へ」
クリスティ長編34作目、ポアロでもマープルでもないバトル警視もの。

アガサ・クリスティ「死が最後にやってくる」
クリスティ長編35作目、ノンシリーズ、舞台は紀元前2000年のエジプトという異色作。

20191125 005.JPG

陸 秋槎「雪が白いとき、かつそのときに限り」、HPB1948
学園を舞台にした中華ミステリ、雰囲気は東野圭吾に似ている・・・気がする。

陳 舜臣「小説十八史略」1~4
文庫本で全6巻、各冊500ページの大長編。
三皇五帝の伝説時代(BC2000年ごろ)から南宋(AD1100年ごろ)までだからスケールが大きい。
でもねえ、人物が出ては消えの連続なのでとんでもない数の人名が出てくる。
4巻目の終盤は五胡十六国の時代だけどもうぐちゃぐちゃ・・・・
5巻目を読んでいるところだけど時代は隋から唐に移っている。
このシリーズは図書館から借りて読んでいます。

気持ちが切れることなく

20191123 001.JPG

バタバタしていてブログの更新もままなりません・・・・・
20日は少し長めに走りたかったのですが、生憎の吹雪模様で短めで切り上げた。

11km、1:08:02、06:11/km、89cm、181spm

雪がすっかり消えてまだ夏シューズで走れる今日は180分LSDの設定。

26km、3:00:11、06:58/km、83cm、173spm

今日は途中のペースを確認せずに一周1kmのコースをくるくる。
ペースはK7.5目安なので180分ということは24km(24周)になります。

途中からペースが上がったかなと感じてましたが、24周を終えたときに2時間46分と思っていた以上にペースが上がっていた。
2周追加で走り180分に持っていった。
最速の周回が06:38/kmだったのでぎりぎりLSDということで。

右足裏に不安があるものの、左アキレス腱痛から解放されたのが大きい。
最後まで気持ちが切れることなく周回を重ねることができた。
来週、もう一度180分LSDをこなし、次のステップに行ければいいな。


最後の英語やり直し、今年16~17冊目の多読。
過去に邦訳で読んだ、文庫本で300ページぐらいの作品を原書で読み始め、しばらく続けるつもり。

20191123 002.JPG

・Detective 70,000語、累計:5,317,990語、<Kindle>
Parnell Hall の Stanley Hastings シリーズの1作目、邦訳タイトルは「探偵になりたい」。
もう20年以上前になるけど、軽妙感が良くてこのシリーズにはまっていた時期があった。

・Indemnity Only 80,818語、累計:5,398,808語、<Kindle>
Sara Paretsky の女私立探偵・ウォーショースキーシリーズの1作目、邦訳タイトルは「サマー・タイム・ブルース」。
一時期、女私立探偵ものを読んでいた時の1冊、このシリーズは1作目しか読んでいない。

Detective (Stanley Hastings Mystery Book 1) (English Edition)
Detective (Stanley Hastings Mystery Book 1) (English Edition)
Indemnity Only: V.I. Warshawski 1 (The V.I. Warshawski Series) (English Edition)
Indemnity Only: V.I. Warshawski 1 (The V.I. Warshawski Series) (English Edition)

様子見の一週間

20191119 001.JPG

先日、娘夫婦が我が家近く(と言っても車で15分くらい)のアウトレットモールに行く間、孫を預かりました。

20191119 002.JPG

二週間ぶりでしたがずっしりと重いぞ。
将来はランナーか?
両親は二人ともスポーツは観戦派だからなあ。
ファイターズのスタジアム観戦が趣味の婿さん、野球のTV中継を一緒に観ているらしい。

ランですが、9日の20km×2回、
・20km、2:04:24、06:13/km、90cm、176spm
・20km、2:06:16、06:18/km、87cm、179spm

翌10日の120分LSD、
・16km、1:59:55、07:30/km、79cm、170pm

で脚・足にダメージを感じていたので意識的に量を落としました。

14日: 4km、0:24:26、06:06/km、89cm、179spm
16日:10km、0:56:40、05:40/km、96cm、181spm
17日:17km、2:02:55、07:14/km、80cm、173spm
19日:10km、0:54:36、05:28/km、97cm、184spm

16、19日はEA式で言うところの"快調走"のイメージです。
17日はLSD、あと30分走りたかったのですが、吹雪で・・・・

20191119 003.JPG

自宅周辺も白一色になりました。
17日、本日はスノーシューズで走りました。
でも今日で消えてしまいました。根雪にはまだ早いですね。

二分走になりましたが

20191110 001.jpg

昨日は所属しているURC(ウルトラ・ランナーズ・クラブ)の納会でした。
納会は札幌近郊の南幌町の温泉と決まっています。
温泉までは約20kmを走って行くのですが、スタート(集合)場所は最寄り駅の新札幌です。

集合は12:45、迷いましたが午前中に一走り。
設定は120分ロングジョグ、
・20km、2:04:24、06:13/km、90cm、176spm

走り終えて、集合時間まで3時間ほど、さらに20km走れるか・・・・不安。
普段走っている周回コースと違って、南幌温泉まではアップダウンのあるワンウェイ(当然ですが)。

不安一杯のランでしたが、
・20km、2:06:16、06:18/km、87cm、179spm
と何とかサポート車のお世話にならず温泉にたどり着きました。

前半は快調、上りもスイスイ。
右足指先の付け根に違和感が出たので、10km過ぎから意識的にペースダウン。
最後の4kmは強い向い風の直線でへこたれ、K7までペースが落ちた。

温泉に浸かり、右足裏を入念にマッサージ。

20191110 002.jpg

納会は17時からスタート。
今年の参加は現地集合を含めて30人ほど、半数が宿泊していきます。
私は宴会(一次会)で退散です。

熟女会員から孫を褒めていただきました。
クラブにも雇用延長者が結構いて情報交換、苦労されている方もいます。
来年の「トランス・エゾ」に勧誘されたりとあっという間の3時間でした。

3時間間隔を空けての二分走となりましたが、
・40km、4:10:40、06:16/km

これって、今年の「北海道」「別海」の40km通過より速いや。


そして今日は脚・足の状態に依りますが、120~150分LSDを考えていました。
・16km、1:59:55、07:30/km、79cm、170pm

走り始めは右足指の付け根に痛みがあったけど、直に消えた。
でも脚が重い、体重が90kg位あるんじゃないかと思うぐらい。

あと30分頑張りたかったけど、犬の散歩中の娘2号と遭遇し立ち話で気持ちが切れた・・・・
左アキレス腱はもう大丈夫そうだけど、右足裏は要注意。

ペースを上げず、ロングジョブは150分、LSDは180~200分まで伸ばしたいが、
ここからの30分が正念場だな。

中休みと言うことで

20191104 001.JPG

昨日、出産で里帰りしていた娘が自宅へ戻りました。
札幌市内なので会おうと思えばいつでも会えますが、孫とはしばらくのお別れです、

6月末に里帰り、荷物が倍くらいに増えておりました。

一昨日のラン、終盤に右足脛の外側に軽い違和感がありました。
気にしつつ、昨日は早朝ランでしたが、う~ん気になる。
10kmで止めときました。

で、今日は、孫がいなくなったベビーロスか、なんとなく身体がだるい。
それでも走りに出たのですが、立ち眩み感が・・・・・
今日はLSDの設定なのでだましだまし行けると思いましたが、ふらつき感がひどく3kmで脚・足を止めました。

10月後半から調子に乗り過ぎていたかもしれません。
今週は中休みということで身体を休ませます。

20191104 002.JPG

この笑顔もお食い初め(24日の予定)まで見ることができません。

嘘だろう!

20191102 001.JPG

今日は120分ロングジョグ、ペースはK6.5。
しかし、体感ではK6.5だったが最初の1kmが06:07・・・・・
嘘だろう!

結局、ペースを落とせず、
20km、2:00:40、06:02/km、92cm、177spm

入りのペースだなあ・・・と痛感。

明日は、出産で帰省中の娘(と孫)が自宅に戻ります。
自宅は札幌市内なので荷物を車で運びます。
なので走る時間は取れないかもしれない。

10月総括、

・走行距離:221km
・大会参加:「別海」4:39:21
・練習内容:走り込みに向けた準備

8月の「北海道」で持ち直し感があったのに気を良くして「別海」は突っ込み過ぎた。
20kmまでしか持たず、ここ数年お決まりの歩き混じりの展開。
20kmまでしか持たないときつい、ゴールまで長い長い。

「別海」後、5日間を完全休ランとして、今後のことを考えた。
出した結論は、私のバイブルである"eA式"に立ち戻りゼロからやり直すだった。

当面は、ロングジョグとLSDで走り込みに耐えられる脚作りだ。

10月は、90分ロングジョグと120分LSDが到達目標。

が、

12日:14km、1:38:04、07:00/km、83cm、169spm
13日:16km、1:46:14、06:38/km、85cm、175spm
14日:20km、2:28:28、07:25/km、80cm、170spm、LSD
19日:19km、2:04:58、06:35/km、86cm、172spm
20日:20km、2:07:33、06:23/km、88cm、176spm
21日:21km、2:34:56、07:23/km、81cm、169spm、LSD
22日:20km、2:04:02、06:12/km、89cm、178spm
26日:20km、1:59:30、05:58/km、92cm、180spm
27日:21km、2:35:30、07:24/km、80cm、168spm、LSD

と120分ジョグ、150分LSDまでクリア。
左アキレス腱痛で60分も走れない脚・足だったのに・・・・・
痛み無く走ることができるのは何と幸せなことか、しみじみ感じています。

ラン後も左アキレス腱は問題なしです。
右足裏の違和感が不安材料ではありますが、4~5年続いたトンネルから抜け出せそうです。

夢ではなかった

20191027 001.JPG

「別海」後、ランの方はまずまず好調です。
ペースは遅かったものの「北海道」で30kmまで脚が持ったのでいい感触を持ち、「別海」で多少突っ込み気味で撃沈し、今後どうしたものかと考えていました。

来春まで大会エントリは見送り、もう一度出直そうと気持ちを切り替えた。


出直すに当たり、私にとってのバイブル「eA式」で時間をかけて取り組むことにした。

「別海」後、5日間を休ランとし、12日からランを再開。

年内は脚作りに専念し、走り込み準備期として180分LSDを到達目標とした。

走り込み準備期も3つのフェーズに分けて、

#1:10月、90分ジョグ、120分LSD
#2:11月、120分ロングジョグ、150分LSD
#3:12月、150分ロングジョグ、180分LSD

を到達目標とした。

10月は#1としたが、何故だか分からないが、脚・足の痛みが消えて先週までで、

12日:14km、1:38:04、07:00/km、83cm、169spm
13日:16km、1:46:14、06:38/km、85cm、175spm
14日:20km、2:28:28、07:25/km、80cm、170spm、LSD
19日:19km、2:04:58、06:35/km、86cm、172spm
20日:20km、2:07:33、06:23/km、88cm、176spm
21日:21km、2:34:56、07:23/km、81cm、169spm、LSD
22日:20km、2:04:02、06:12/km、89cm、178spm

とここ4~5年の走れなさが嘘のような展開・・・・・

夢ではないかと思ったが、どうも現実のようだ。

予定を上方修正して、#2に移行し、

#2:10月21日~11月10日の3W
#3:11月11日~12月1日の3W

として、12月から走り込みとした。
これまでは冬に走り込みはしていなかったが、低速なら雪上でもこなせるだろう。

走り込み準備期のポイントはペース度外視で設定時間をクリアできるかに着目。

この土日は、
・120分ロングジョグ
・150分LSD

昨日は、午前中は病院付き添い、午後は13時からサッカー・ルヴァンカップのファイナルをTV観戦。
19時に奥さんを迎えに行かねばならなかったので、走れるのはサッカーが終わる15時から18時くらいまでだった。
が、サッカーが(いいゲームでした)、前後半で決着つかず、延長でも決着つかずでPK戦にもつれこみ走り始めたのは16時過ぎだった。

暗くなり始め、次の予定(奥さんの迎え)が気になりペースが速めになってしまった。
今、ジョグのペースは時間をクリアするためにK6.5前後で考えています。

が昨日はK6前後で推移し、

20km、1:59:30、05:58/km、92cm、180spm

まあ120分をクリアできたからいいか。

そして今日は150分LSDの設定で、

21km、2:35:30、07:24/km、80cm、168spm、LSD

昨日・今日と設定の時間はクリア。
ラン後、右足裏にやや違和感があるものの左アキレス腱は違和感も痛みも無し。

次回はジョグペースを押さえてみましょう。

4日間で一番快調

20191022 001.JPG

ペースはゆるだけど、昨日までの3日間で60kmのラン。
今日は休ランで良かったけど、何か脚・足が軽くて休むのが勿体なく走りに出た。

数キロ走って脚・足にダメージがあるようだったらそこまでと思い周回を重ねる。
でも脚・足にダメージはなく、後半はペースが上がってしまった。

20km、2:04:02、06:12/km、89cm、178spm

5kmごとだと、32:22~31:39~30:53~29:08

この4日間で一番快調でした・・・・
怖いぐらい脚・足の調子がいい。

でも、ペース速過ぎ、ペースを上げるのはまだ早い。

19日:19km、2:04:58、06:35/km、86cm、172spm
20日:20km、2:07:33、06:23/km、88cm、176spm
21日:21km、2:34:56、07:23/km、81cm、169spm
22日:20km、2:04:02、06:12/km、89cm、178spm

この4日間、コンスタントに20km前後のランで計80km。
今までの故障続きを考えると信じ難い状態なんですが・・・

何が功を奏したのか分かりません。
強いて挙げれば、体重を3kgほど落として60kg前後をキープしているぐらい。

体重を落とす前でも標準範囲内だし効果の要因とは思えないなあ。

なぜ痛みが消えたのか分からないので不安はありますが、少し先が明るくなりました。

ペースの上下動

20191021 001.JPG

今日は休暇、四連休の三日目です。
今日は150分LSDの設定で走り始めた。

21km、2:34:56、07:23/km、81cm、169spm

計測はEPSONのWristableGPSを使っています。
20191021 004.JPG
Webアプリで計測データを管理できますが、いつも1キロ当たりの時間に注目していました。

20191021 002.jpg
今日の1kmごとのラッププロットです。
前半はいいペースですね。
後半はペースが上がりしかも安定していません。

といつもはここまでなんですが、今日はもう少し細かいプロット画面を見てみました。

20191021 003.jpg
あれれ、前半はペースの上下動が大きくて、後半の方が安定して見えますね。
これは意外でした。

走っている間、脚・足に違和感・痛みは無し。
ラン後も問題なしです。
気持ち悪いぐらい脚・足の状態はいい。


陳 舜臣「小説・十八史略」、
20191021 005.JPG
日本史・世界史・中国史(清まで)のおさらいをしようと考えています。
おさらいと言っているのは、特定の時代ではなく通史でということです。

・日本史:「日本の歴史」26巻(中公文庫)、「日本の歴史」26巻(講談社学術文庫)
・世界史:「全世界史」上下巻(出口 治明、新潮文庫)、「興亡の世界史」21巻(講談社学術文庫)
・中国史:「中国の歴史」7巻(陳 舜臣、講談社文庫)

が候補です(まだお悩み中)。

で、お悩み中に手にしたのが 陳 舜臣「小説・十八史略」だ。
文庫本で6巻、それぞれ500ページのボリュームがありますが、抜群に面白い。
2巻目、秦の始皇帝の時代ですが、古代中国は凄い!奥が深いぞ!!
厚さに尻込みしていたけど、もっと早くに読んでいればと後悔。

一枚余計だった

20191020 001.JPG

今日はURCの練習会、10月恒例で真駒内から定山渓までの紅葉ランでした。
が、左頬の腫れがあるので残念ながら欠席です。
散歩がてら、近くの公園で紅葉探をしてきました。

紅葉にシューズ合わせて一走り

紅葉に合わせてメディフォームの赤いシューズでのラン。

20191020 002.JPG

寒いかと思い、長袖に薄手のウェアを重ね着、でも一枚余計だった。

20km、2:07:33、06:23/km、88cm、176spm

今は、ペースは遅めで時間を伸ばそうとしている。
今日は120分の設定で走り出したが、入りの2kmが6:30、6:15と速過ぎ。
そこから6:40/kmまで落とそうとしたが落ちない・・・・

5kmごとだと、
31:54~32:16~31:40~31:43

脚・足は問題無し、あれほど苦しんだのに・・・・
メディフォーム、ソールが固めで足に負担を感じることが多くて短い距離にしか使っていなかった。
でも今は負担を感じることは全くない。

明日は150分LSDの予定。

腫れがひどくて

20191019 001.JPG

数日前から左頬の内側に違和感があった。
冬に治療した歯に近いので治療の影響かなと思っていた。

が、昨日から左頬が腫れ出して痛みも出てきた。
今日、家でぐだぐだしていたら娘たちに「病院行きなさい」とご指導され、やむなく近くの耳鼻咽喉科に行った。

最初に「最近歯科治療したか?」と聞かれたので歯の治療後に腫れが出るケースは多いのかな。

鼻のレントゲンを撮ったけど蓄膿の疑いは無し。
触診でも問題は見つからず、細菌感染の可能性が一番高いとのことで抗生物質・痛み止めをどんと処方されました。

抗生物質の効果か朝とは段違いに良くなっています。


病院から帰ってから小雨の中走ってきました。
今日は120分ジョグの設定(ペースはK6.5~K7)、ただし雨が強くなったら中断と決めて家を出た。

19km、2:04:58、06:35/km、86cm、172spm

終盤、K6を切るペースまで上がりましたが、概ね設定ペースで走り終えることができた。
左足は問題なし、多分ここ数年では一番いい状態だと思う。
右足裏はやや不安ありですな。

21日を休暇にしたので今日から4連休となります。
4連休中、もう一度120分ジョグと150分LSDを予定しています。

いかに痛みがストレスだったか

20191014 001.JPG

葉が散り始め、風が強いと玄関前に落ち葉が吹き寄せられます。

昨日はサッカー・ルヴァンカップの準決勝でコンサドーレが決勝進出を決めた。
初のタイトルに王手です。相手はフロンターレなんで厳しいゲームになるでしょうが。

そして夜はラグビー・ワールドカップ、スコットランド戦、観ていて疲れました。
ラグビーって時間の進み方がサッカーと全然違う。
長い長い!

今日は120分LSDの設定で走り始めた。

20km、2:28:28、07:25/km、80cm、170spm

最速でもK7を上回ることはなく最後まで辛抱しました。
120分の予定でしたが、余力があったので30分ほど伸ばしました。

LSDなんて久しぶり。
終盤は左アキレス腱に違和感が出たものの、ラン後は問題無さそう。
このまま時間を伸ばしていければいいな。

この3日間は、90分ジョグ、120分LSDの予定でしたが、

12日:14km、1:38:04、07:00/km、83cm、169spm
13日:16km、1:46:14、06:38/km、85cm、175spm
14日:20km、2:28:28、07:25/km、80cm、170spm

左アキレス腱に痛みを感じることなく、気持ちよく走れました。
いかに痛みがストレスだったか、これで前に進めそうです。

立ち戻り

20191013 001.JPG

「別海」の翌日は休暇を取り、車の定期点検に行くのがここ数年のルーティンです。
ピカピカになり鏡のようです。

今日は昨日に続き90分ジョグの設定、まだリハビリランです。

16km、1:46:14、06:38/km、85cm、175spm

ペースはもう少し遅くてもいいですね。
120分までと思いましたが"腹八分目"にしておきました。


脚・足の故障が続いたここ数年、いろんなトレーニングに手を出しました。
でも肝心の脚・足がまともに走れる状態でなかったのでどれも結果に結びつかず。

ようやく、脚・足の不安が無くなりつつあるので、今一度原点に立ち戻ることにしました。
私にとってマラソントレーニングのバイブルは"eA式"です。

本棚から引っ張り出して読み直しています。
20191013 002.JPG
ロング走に関しては、
・(マラソンの)スピード持久力を高めるコアトレーニング
・腹八分目に留める意識が大事
・ペース目安は、目標とするレースペースの80~90%で30~40kmを無理なく走れることを目指す
・初期段階は距離は短め、ペースは遅めに設定する
・頑張らない(最初は速めのLSD感覚で十分
と書いてあります。

レースペースの80~90%とすると、サブ3.5(K5)では、
06:15~05:33/km
となります。
私の取り組みペースは速過ぎですね。クリアできないのは当たり前か。

これからのトレーニング、あれこれ悩み・考えていきます。


最後の英語やり直し、今年13~15冊目目の多読、

・1st to Die 81,678語、累計:5,032,990語、<Kindle>
James Patterson の The Women's Murder Club シリーズの1作目。
主人公はサンフランシスコ警察の警視 Lindsay。
結婚式直後の新郎新婦が殺害される事件が起き Lindsay が担当する。
オーソドックスな警察物かと思ったら、新聞記者の Cindy、検死官の Claire、地方検事補の Jill の4人で"The Women's Murder Club"を結成して事件究明に乗り出す展開。
設定はかなり無理がある気がするが・・・・・

・The Business of Dying 75,000語、累計:5,107,990語、<Kindle>
Simon Kernick の Dennis Milne シリーズの1作目。
Dennis Milne は現職の警察官だが、裏では悪人をターゲットとした殺し屋として働いている。
依頼された3人の麻薬ディーラ殺害を終えるが、翌日、事態は思わぬ方向に向かう。
Dennis が殺害した3人は何と麻薬ディラーではなく真っ当な市民だった・・・・

・The President is Missing 140,000語、累計:5,247,990語、<Kindle>
ベストセラー作家 James Patterson とアメリカの元大統領 Bill Clinton の共著で話題となったミステリ。
元大統領が書いているだけあり、主人公は現職のアメリカ大統領だ。
サイバーテロと対峙するために、自ら姿を隠してテロリストと対決するというお話。
1st to Die (Women's Murder Club)
1st to Die (Women's Murder Club)
The Business of Dying: (Dennis Milne 1) (English Edition)
The Business of Dying: (Dennis Milne 1) (English Edition)
The President Is Missing: A Novel (English Edition)
The President Is Missing: A Novel (English Edition)

出直しラン

20191012 001.jpg
「別海」の大会会場の駐車場で見かけた車。
車の上にテントらしき物が乗っています。
どうやらテントらしき物の中で宿泊していたようです。
撤収が大変だろうなと思っていましたが・・・・
20191012 002.jpg
梯子を含め一体構造になっていて、二つ折りにして後はカバーをかけるだけ。
15分ぐらいで収納を終えていました。
製品としてあるのか特注品なのか、初めてみました。

さて、ダメレースだった「別海」から一週間が経ちました。
ほとんど練習できていなかったので妥当な結果ではありますが。

筋肉痛の消え具合はいつもと同じ、木曜日にはほとんど消えています。
ここ数年、筋肉痛が消えてからアキレス腱や足裏の痛み・違和感が出てきて、次に向かいトレーニングの再開を阻んでいたんのですが・・・・

今回はアキレス腱や足裏の痛みは無し!
(右足裏にやや違和感はありますが)
ここ5年くらいでレース後の状態としては一番いいんじゃないかなと思う。

20191012 003.JPG
メンタル強化の参考にならないかと、
金 哲彦「金 哲彦のメンタル強化メソッド」
を読んでいました。

参考になるページに付箋を貼ってありますが、一番共感したのは159ページ。
"ケガは乗り越えなければいけないプロセスと考える"という章の一節。

引用すると、
~~~~~~
最近は病院でも「スポーツ外来」「スポーツ整形外科」といった専門医が増えました。
ただ、そういう病院に行っても、激しいコンタクトスポーツの外傷や打撲、筋断裂のような重度のケガに比べると、ランニングのケガはそこまでひどくないケースがほとんどですから、「骨は大丈夫ですね。たいしたことないですよ」という診断とともに、湿布をくれるだけで治療を終了とするお医者さんがすくなくありません。
~~~~~~
20191012 004.JPG
"スポーツ整形"を掲げている病院にいくつも行ったがすべて上述の診断だった。

原因ははっきりしないままだけど、下肢の痛みはなくなったので再発しないよう気を付けます。
ランニングのケガ(故障)ではもう整形外科に行かないだろう。

脚・足の不安が減ると"走りたいという気持ち"が出てきます。
「東京」は外れたので、来春までレースはありません。

ゼロから出直します。
年内はゆっくりと長く走れる脚作りに専念します。

ペースに捕らわれず、180分を到達点としてランニングを再開します。

イメージは、
10月:120分
11月:150分
12月:180分

まだ脚は重いので、今日は90分の設定で走り始めた。
14km、1:38:04、07:00/km、83cm、169spm

寒そうだったので長袖で走ったけど、まだ半袖で行けるかな。


20191012 005.JPG
最近読んだミステリを並べておきます。

クリス・マクジョージ「名探偵の密室」、HPB1946
モーガン・シェパードはTVの犯罪捜査番組の人気MC。
ある日、ホテルの一室に閉じ込められた状態で目を覚ます。
部屋には他に男女五人とバスルームに死体が一つ。
突然、備え付けのTVからモーガンに「五人の中に殺人犯がいる。三時間以内に犯人を見つけろ!見つけられなければホテルを爆破する」と告げられる。
現実離れした設定だけど、モーガンの少年時代の事件を絡ませ最後まで読ませる。

E・S・ガードナー「摺り替えられた顔」、ペリー・メイスンシリーズ#12
前作のラストはメイスンと秘書のデラが航海の旅に出ると言う流れだった。
船旅の帰路、客が船外に転落し、妻に殺人容疑が・・・
後半の法廷場面で証人の証言をひっくり返す下りは抜群に面白い。

加護 かずみ「ノワールをまとう女」、今年の江戸川乱歩賞受賞作、
企業が表沙汰にできない厄介ごとの後始末屋、しかも女性というのは面白い設定だ。
でも、事件に関わる人達が主人公のプライベートにかかわり過ぎ。
応募締め切りは昨年だと思うが、韓国の反日感情を背景にしているのはあまりにもタイムリー。

アガサ・クリスティー「動く指」、クリスティー長編33作目、
クリスティの長編は66作あるのでちょうど半分、折り返しです。
ある田舎町で住民たちに匿名で誹謗中傷の手紙が送り続けられる。
手紙を受け取ったある婦人がショックを受け自殺する。
さらにメイドが殺され、婦人自殺に疑問が持たれる。
ミス・マープルものですが、マープルが出てくるのは全体の70%を過ぎた辺り・・・

アレックス・マイクリーディーズ「サイコセラピスト」、HPB1947
アリシアは夫殺しの罪で裁判にかけられらた。裁判では黙視で通し、刑が確定、精神病施設に収監されている。
セオは心理療法士でアリシアを担当している。
先が読めない展開だったが、終盤は二転三転の急展開。

メンタルから

20191007 001.jpg

久しぶりの記事です。
ここのところ何事にも集中できず、夢見も悪く悶々としておりました。

昨年は台風の影響で中止となった「別海」ですが、今年は無事開催されました。
前日は雨・強風で寒くつらい車中泊となりましたが大会当日は晴れ、気温は低めでしたが風もまずまずでいいコンディションでした。

で、結果は完走賞の鮭一尾はゲットしたものの 4:39:21 で撃沈。

脚の状態は、一年前よりはいい、今年の「北海道」前よりもいい。
ということでK5.5をレースペースとして設定しました。

15kmまでは問題無く、いやキロ5分台前半だったのでオーバーペースでしたね。
20kmで早くもイエロー信号、25kmから歩きが入りました。

上手くいけばサブ4と思っていましたが、準備不足で妥当な結果なんでしょう。



9月総括、

・走行距離:161km
・大会参加:無し
・練習内容:「別海」準備

「別海」準備と言っても20kmが1回、後は15km前後で距離が伸びません。

ここ4~5年の故障続きで、走ると痛みが出ると刷り込まれているのでしょう。
大会でも後半に脚・足が止まるのは脳から「もう走るな」信号が出ているのだと思います。

幸い、左アキレス腱・右足裏の痛みの不安は激減しているので、まずはメンタル面の改善からかなと考えています。

どう取り組むか、もう来春まで大会参加はしないので少し時間をかけて考えてみます。

これまでの9月の月間走行距離は、

2001年 202km
2002 112
2003 257
2004 200
2005 362
2006 376
2007 452
2008 161
2009 312
2010 239
2011 177
2012 210
2013 116
2014 195
2015 162
2016 107
2017  109
2018  136
2019  161

先月で先月までの年間合計距離が過去最低に転落。
9月も過去最低から脱出できずです。

ラン再開

20190901 001.JPG

赤子の肌着などで洗濯物激増です。

さて、今年の「北海道」は過去最低の準備だったので、完走目標に切り替えK6前後で4時間20~30分のフィニッシュで臨みました。
35kmまで脚・足が持ってくれたのですが、ここ数年のフルでは一番ダメージが小さかったようです。

水曜日には筋肉痛がほぼ消えていて、心配だった左足首回りも違和感はあるものの痛み発症には至らずです。
それでも金曜まで完全休ラン、昨日からランを再開しました。

この土日は脚・足の状態確認の様子見ランです。

8月31日: 6km、06:20/km、88cm、173回/分
9月 1日:11km、06:15/km、91cm、174回/分

脚・足は大丈夫そうかな。
取り合えず、10月の「別海」に向けてリスタートできそうです。

昨年は「北海道」後、左足首回りの痛みで走りにならなかったことを考えると天と地の差があります。


8月総括、
走行距離:170km
大会参加:「北海道マラソン」、04:28:207
練習内容:「北海道マラソン」に向けた準備


7月は?過去?最低の42km、8月になり何とか立て直そうとしたが距離は伸びず・・・・
「北海道」に向けて20kmがやっと。

正直、完走も危ないかなと覚悟していた。

でも、ペース配分が功を奏し、35kmまで歩きが入らず走り続けることができた
結果はまったく満足のいくものではありませんが、3年続けて制限時間ぎりぎりだったことを考えると多少ほっとしているのが正直なところ。

14年連続14回目の「北海道」ですが過去の記録は、

2006 3:39:48
2007 3:50:48
2008 3:54:59
2009 3:31:58
2010 3:53:29
2011 4:33:28 <薬の影響、ぎっくり腰>
2012 3:43:46 
2013 3:39:14 <比較的涼しかったせいもありまあまあ>
2014 4:26:31 <走りにならず15kmで終わった感>
2015 4:18:19 <お腹に水が溜まる感じ、K5で20kmまでがやっと>
2016 4:58:55 <アキレス痛に勝てず26kmから歩き、フルワーストを大幅更新>
2017 4:53:56 <右足裏痛、20kmから歩き>
2018 4:54:36 <左アキレス腱痛、25kmから着地できず>
2019 4:28:20 <K6で35kmまで持った・・・>

この土日でラン再開、「別海」までひと頑張りします。


秋暁や再読耐えるクリスティー

アガサ・クリスティー「五匹の子豚」、クリスティー長編32作目、
20190901 002.JPG
夫殺しの罪で獄中死した母親の無実を信じる娘がポアロに再捜査を依頼。
10数年前の事件関係者に聞き回り、事件を掘り返すポアロ。
事件当時、現場に居合わせたのは5人、タイトルの五匹に通じる。
途中に5人の手記を挟んだ構成、結末は意外ではなかったが面白かった。流石クリスティー。

クリスティーはある程度歳を重ねてから読んだ方がいいのかもしれない。

最低限の目標はクリア

20190826 001.jpg

処暑ランは赤子のような空模様

昨日朝、大通り公園に向かおうと外に出たら雨・・・・
スタートまでも雨が降ったり止んだり。
スタート後も前半は時折雨、陽が射したりの変な天気。
湿度が高かったのか、創成トンネルの中が無風でムシムシ。
予想通り新川通りは風が強かった。
30km以降は晴れておりました。

「北海道マラソン」、今年は過去最低の準備しかできず、また坐骨神経痛の影響と思われる左足首痛がいつ発症するか分からない状態で正直なところ完走も危ういと覚悟していた。

結果は何とか完走、これで14年連続の完走となり、20回連続に繋げることができました。

<<グロス>>:4:34:43
<<ネット>>:4:28:21

タイム的にはダメダメですが、少し振り返っておきます。

0 0:06:22
5 0:38:00 0:31:38 0:06:20
10 1:07:59 0:29:59 0:06:00
15 1:38:13 0:30:14 0:06:03
20 2:07:38 0:29:25 0:05:53
25 2:36:36 0:28:58 0:05:48
30 3:05:34 0:28:58 0:05:48
35 3:37:12 0:31:38 0:06:20
40 4:18:30 0:41:18 0:08:16
G 4:34:43 0:16:13 0:07:37

今回はエントリ時に(2年以内の)自己ベスト記録を入力し忘れるチョンボでFブロックからのスタート
となりました。

ここ数年は20kmまで持たず沈没、苦しい後半だったのを考慮し、今回のレースプランは、
・号砲からスタート地点まで10分を覚悟
・20kmまではK6で十分
・新川通り折り返し(26km手前)まで歩かず走り通す
・30kmをネットで3時間目安
・34kmまで粘る(仲間の応援スポットなので)
・35km以降はその時点での脚・足の状態で考える
・ゴールは4時間15分~4時間30分

10分覚悟したスタートラインまでは6分22秒で通過。
でも大混雑で思うように走れない。
今までだったら左右にコースを替え前に進むが、今回は自重し我慢・辛抱。

それでも10km過ぎには、周りはEブロックのランナーが多くなった。
20kmまではK6を意識して進む。

新川通りに入ってからは向い風となるが、少しペースを上げる。
ここ数年、新川通りの折り返し手前で歩きになっていたが、左足首回りに痛みが出ることもなく折り返す。
30kmをネットで3時間ギリギリで通過、まだ走り続けている。

ちなみに今回は20~30kmの10kmが一番速いラップでした。

ここまではレースプラン通りだ。

でもK6と言えども走り不足は否めない。
徐々に苦しくなる。
34kmで仲間と立ち話し。

残り時間から残りをK7でもグロスで4時間30分を切れる。
ここで?気持ちが切れてしまい36km辺りから歩きが入る。

左足首回りは大丈夫だがあちこち攣り始めた。

ネットで4時間30分を切れればいいやと残り距離とウォッチを睨みながら歩きを交えながらゴールに向かう。

北大を抜け、JR高架下をくぐり、道庁赤レンガを抜け、後は4~500メートル。
最低限の目標とした4時間30分は確実になったので、最後までゆるりとフィニッシュラインを越えた。

タイム的には全く納得していないけど、ここ3年は4時間50分台だったので良しとします。

一夜明けて、
・大腿部前側のダメージは小さい(フォーム改善の効果か?)
・左足首回り周りは大丈夫そう(違和感感じるたびに腕をだらりと下げたのが良かった?)
・股関節内側の張り(なぜ?)

このまま、違和感・痛みが出なければ明るい材料となりそうです。

知らなかった

20190823 001.JPG

「北海道」マラソンのナンバーカードを引き換えてきました。
朝から降っていた雨は上がっていた、昨年も前々日は雨だったなあ。
ナンバーカードを見ると下側に勤務している会社名が・・・・

20190823 002.JPG

プログラムの中では「北海道マラソンを応援しています」とある。
知らなかったなあ。
来年の東京オリンピックに向けて色々と取り組んでいるからその一環かな。

18日の21km走のダメージが取り切れず、今週は走らずに過ごしています。
今年で14年連続14回目ですが、一番の準備不足プラス故障を抱えているので正直なところ完走できたら上出来・御の字です。


娘の出産で夏休みはずっと家にいたので活字追いは進みました。
ここ2週間で8冊読了です。

20190823 003.JPG
20190823 004.JPG

・神林 長平「敵は海賊・海賊版」、
日本SFで未読作家の作品を読んでします。
シリーズ作品ですが、当面はいいかな。

・アガサ・クリスティ「書斎の死体」、クリスティ長編31作目、
ミス・マープル物、大佐の館の書斎で若い女性の死体が・・・・
大佐の妻がマープルと知り合いで究明に駆り出される。

・藤井 太洋「オービタル・クラウド」
近未来SF、ハイテクスリラーだけど面白く一気読みだった。

・神田 松之丞「神田 松之丞 講談入門」、
最近、講談に興味が出てきた。聴く機会が無いのが残念。

・戸矢 学「神道と風水」
最近、一押しの古代史家・神道学者。

・伊藤 道風「万年筆バイブル」、
サクサクと斜め読み。

・豊田 有恒「日本SF誕生」、
若いころは日本SFを結構読んでいたが、豊田 有恒 は。好きな作家の一人だ。
その 豊田 有恒 が日本SFの黎明期を振り返った作品でこれは読まずばなるまい・

・劉 慈欣「三体」、
ミステリの世界では中華・韓国の作品が紹介され始めている。
その流れがSFにまでも及んでいるようだ。
三部作の一作目、二作目以降も読むんだろうな。