最低限の目標はクリア

20190826 001.jpg

処暑ランは赤子のような空模様

昨日朝、大通り公園に向かおうと外に出たら雨・・・・
スタートまでも雨が降ったり止んだり。
スタート後も前半は時折雨、陽が射したりの変な天気。
湿度が高かったのか、創成トンネルの中が無風でムシムシ。
予想通り新川通りは風が強かった。
30km以降は晴れておりました。

「北海道マラソン」、今年は過去最低の準備しかできず、また坐骨神経痛の影響と思われる左足首痛がいつ発症するか分からない状態で正直なところ完走も危ういと覚悟していた。

結果は何とか完走、これで14年連続の完走となり、20回連続に繋げることができました。

<<グロス>>:4:34:43
<<ネット>>:4:28:21

タイム的にはダメダメですが、少し振り返っておきます。

0 0:06:22
5 0:38:00 0:31:38 0:06:20
10 1:07:59 0:29:59 0:06:00
15 1:38:13 0:30:14 0:06:03
20 2:07:38 0:29:25 0:05:53
25 2:36:36 0:28:58 0:05:48
30 3:05:34 0:28:58 0:05:48
35 3:37:12 0:31:38 0:06:20
40 4:18:30 0:41:18 0:08:16
G 4:34:43 0:16:13 0:07:37

今回はエントリ時に(2年以内の)自己ベスト記録を入力し忘れるチョンボでFブロックからのスタート
となりました。

ここ数年は20kmまで持たず沈没、苦しい後半だったのを考慮し、今回のレースプランは、
・号砲からスタート地点まで10分を覚悟
・20kmまではK6で十分
・新川通り折り返し(26km手前)まで歩かず走り通す
・30kmをネットで3時間目安
・34kmまで粘る(仲間の応援スポットなので)
・35km以降はその時点での脚・足の状態で考える
・ゴールは4時間15分~4時間30分

10分覚悟したスタートラインまでは6分22秒で通過。
でも大混雑で思うように走れない。
今までだったら左右にコースを替え前に進むが、今回は自重し我慢・辛抱。

それでも10km過ぎには、周りはEブロックのランナーが多くなった。
20kmまではK6を意識して進む。

新川通りに入ってからは向い風となるが、少しペースを上げる。
ここ数年、新川通りの折り返し手前で歩きになっていたが、左足首回りに痛みが出ることもなく折り返す。
30kmをネットで3時間ギリギリで通過、まだ走り続けている。

ちなみに今回は20~30kmの10kmが一番速いラップでした。

ここまではレースプラン通りだ。

でもK6と言えども走り不足は否めない。
徐々に苦しくなる。
34kmで仲間と立ち話し。

残り時間から残りをK7でもグロスで4時間30分を切れる。
ここで?気持ちが切れてしまい36km辺りから歩きが入る。

左足首回りは大丈夫だがあちこち攣り始めた。

ネットで4時間30分を切れればいいやと残り距離とウォッチを睨みながら歩きを交えながらゴールに向かう。

北大を抜け、JR高架下をくぐり、道庁赤レンガを抜け、後は4~500メートル。
最低限の目標とした4時間30分は確実になったので、最後までゆるりとフィニッシュラインを越えた。

タイム的には全く納得していないけど、ここ3年は4時間50分台だったので良しとします。

一夜明けて、
・大腿部前側のダメージは小さい(フォーム改善の効果か?)
・左足首回り周りは大丈夫そう(違和感感じるたびに腕をだらりと下げたのが良かった?)
・股関節内側の張り(なぜ?)

このまま、違和感・痛みが出なければ明るい材料となりそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント