知らなかった

20190823 001.JPG

「北海道」マラソンのナンバーカードを引き換えてきました。
朝から降っていた雨は上がっていた、昨年も前々日は雨だったなあ。
ナンバーカードを見ると下側に勤務している会社名が・・・・

20190823 002.JPG

プログラムの中では「北海道マラソンを応援しています」とある。
知らなかったなあ。
来年の東京オリンピックに向けて色々と取り組んでいるからその一環かな。

18日の21km走のダメージが取り切れず、今週は走らずに過ごしています。
今年で14年連続14回目ですが、一番の準備不足プラス故障を抱えているので正直なところ完走できたら上出来・御の字です。


娘の出産で夏休みはずっと家にいたので活字追いは進みました。
ここ2週間で8冊読了です。

20190823 003.JPG
20190823 004.JPG

・神林 長平「敵は海賊・海賊版」、
日本SFで未読作家の作品を読んでします。
シリーズ作品ですが、当面はいいかな。

・アガサ・クリスティ「書斎の死体」、クリスティ長編31作目、
ミス・マープル物、大佐の館の書斎で若い女性の死体が・・・・
大佐の妻がマープルと知り合いで究明に駆り出される。

・藤井 太洋「オービタル・クラウド」
近未来SF、ハイテクスリラーだけど面白く一気読みだった。

・神田 松之丞「神田 松之丞 講談入門」、
最近、講談に興味が出てきた。聴く機会が無いのが残念。

・戸矢 学「神道と風水」
最近、一押しの古代史家・神道学者。

・伊藤 道風「万年筆バイブル」、
サクサクと斜め読み。

・豊田 有恒「日本SF誕生」、
若いころは日本SFを結構読んでいたが、豊田 有恒 は。好きな作家の一人だ。
その 豊田 有恒 が日本SFの黎明期を振り返った作品でこれは読まずばなるまい・

・劉 慈欣「三体」、
ミステリの世界では中華・韓国の作品が紹介され始めている。
その流れがSFにまでも及んでいるようだ。
三部作の一作目、二作目以降も読むんだろうな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント