ロペットのウルトラチャレンジ

アクセスカウンタ

zoom RSS 5年ぶりの整体

<<   作成日時 : 2016/07/02 14:57   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


今朝からラン再開、K7でスタートしペースを気にせず10kmを1時間06分のジョグ。
腰が重いわ・・・・
終盤は軽い痛みも出てきてまだダメージが残っているな。

先日予約した整体に行ってきました。

「サロマ」は昨年に続き上半身が右に傾いています。

画像


ゴール後で気が抜けたということもあるでしょうがこんなに曲がっています。
これではまともに走れませんね。

ちなみに2009年9月の「雁坂峠越え〜」の終盤で上半身が右に傾き、一年間腰が重くだるいこともあり11月に整体に行っています。

そのときの診断は、
・肩甲骨の左右の高さがずれている
・なかなか見られないよじれ方(上半身は左を、首から上と下半身は右を向いている)
・頭蓋骨も後ろにずれている(これはサッカーの影響だろう)
・身体がよじれていて右腰が浮いている
・左脚の疲れを右脚でかばっていて筋肉肥大・神経を圧迫している
だった。

画像


自宅近くの整体(整骨院)です。

今回は「サロマ」のゴール時の写真を持っていきました。
見た瞬間、「あ〜」と絶句しておりました。

そして今回の診断は、最初に直立、前屈、後そらしだけで、
・本来一直線のポイント(耳たぶ、肩、・・・)が互い違いになっている
・骨盤が使えていない、固い
との指摘。

「ストレッチの頻度は?」と聞かれ「まったくやってません」と答えたら笑いながら「ダメです」。

その後、触診で、
・かなりの疲労が溜まっている、1年や2年でこうはならない
・筋肉がかちかちで固すぎる
・重心は左だが右側の疲労が大きい
・背骨は大丈夫

結論、滅多にお目にかかれない筋肉カチカチ、股関節の可動域が小さい状態だそうです。

全体に筋肉の伸び幅が小さいのでまず大腿部前側に負担がかかる。
(最近、最初に大腿部前側に疲労を感じることの説明が付きますね)

股関節も使えていないので腰に負担がかかり、上半身は後ろにのけぞり気味になる。
重心は左にあり、左でなんとかしようとするが支えきれず右側に負担がかかる。
右側がオーバフローして上半身の傾斜になるのではとのこと。

筋肉を伸ばし柔らかくし股関節の可動域を広げましょうとなりました。

電気治療とマッサージでほぐしてもらいましたが、片脚を終えたところで逆脚とのギャップに驚いた。
軽さがぜんぜん違う。
一通り終えて腰の軽いこと。

仰向けで横になるときに腕を胴体の横に置くと正常であれば手は親指が上に向く状態だそうです。
が、私は手のひらが上を向いています。これは肩甲骨が前に出ているからだそうで矯正してくれました。
今は親指が上にきています。

しばらく週一で通うことにしました。

宿題にストレッチ2種をいただきました。
本当は4種あるらしいがまずは2つからです。
ストレッチの効果が出るまで一ヶ月かかると言われました。

もしかするとここ数年の不調脱出のきっかけになるかも。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
5年ぶりの整体 ロペットのウルトラチャレンジ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる