ロペットのウルトラチャレンジ

アクセスカウンタ

zoom RSS 大丈夫と思ったが

<<   作成日時 : 2016/04/19 19:32   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


右脚大腿部裏側、肉離れの予兆じゃないか心配でした。昨日は歩くだけでピクピクしてましたから。
今朝はピクピク感は無く状態確認のために超スローペースで2kmだけ走ってきました。
結論から言うと右脚大腿部は違和感はあるものの大丈夫そうだ。
ただ、予想外でしたが腰が重くだるい!日常生活では何ともないので走ってみて判ったという次第。
ジョグを2kmで止めたのもどちらかというと腰の状態からの判断です。

朝は大丈夫と思ったが、帰宅してロード君の散歩途中から右脚大腿部裏側にピクピク感が出始めた、

明日はビルドアップの予定だけど・・・・・無理っぽい。


これで最後との思いで英語のやり直し中ですが、最近いろいろと考えることがあります。
性格的に全方位で広げてしまうところがあり、最初(2014年秋)から比べると絞り込んではいますがまだ戦線は広がっている感じだ。
で、英語のやり直しでどのスキルを伸ばしたいんだと自分に問い直してみました。
何をと聞かれたら"リーディング"と即答できます。

今の2本柱は 薬袋 善郎 の著作群と瞬間英作文な訳で、薬袋 善郎 の著作群は"リーディングスキル"に直結するので当面やり続けます。
「英語ベーシック教本」に続き「英語リーディング教本」も4周を終え今は従属節を中心に5周目に入っています。

一番頭に入りやすい朝を充てていますが・・・・5周目でもまだまだです。
それでも周回の度に発見(ああそうだったのか)があるので遅々たる歩みですが前に進めていると思うことにします。

画像


来週からは「英語リーディング教本ドリル」で定着度を確認しようと考えています。
「英語リーディング教本ドリル」は「英語ベーシック教本」「英語リーディング教本」と蜜連携な教材なので復習にはうってつけの教材です。

「英語リーディング教本ドリル」は2〜3ヶ月を想定していますが、その後はちょっと悩みどころです。

出版社のHP上では「英語ベーシック教本」「英語リーディング教本」は初級扱い・・・・「英語リーディング教本」で初級かい?と突っ込みたくなりますが・・・・です。

画像


英語やり直しのきっかけの1冊「英語リーディングの秘密」は「英語リーディング教本」のサブテキストとして位置付けられています。「英語リーディング教本ドリル」を終えたら「英語リーディングの秘密」に取り掛かります。

中級として「学校で教えてくれない英文法」があり、こいつにチャレンジするか多読までいかないけどロアルド・ダール辺りの児童書でリーディングに挑むか悩みどころです。

さらに上級として、
「英語リーディングの真実」
「思考力をみがく英文精読講義」
「英語リーディングの探究」
が控えていますが取り組めるのはかなり先になるでしょう。

「英語リーディング教本ドリル」のあとがきには「英語リーディング教本」で触れている知識で巷の英文の80%の構造は説明がつく、残りの20%は上級用教材で触れていると書かれています。

「英語リーディング教本ドリル」を進めながら、その先どうするか考えましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大丈夫と思ったが ロペットのウルトラチャレンジ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる